黒髪少女の言葉

もう少女とは呼べない。twitter @aoi_ouen

映画「おんなのこきらい」女という生き物の面倒くささを素直に汚くも、美しく描かれた最高の映画

 

 

f:id:naoppsan:20170325184340j:plain

「可愛い、可愛い、可愛い。女の子はそれだけで生きていけるのです。生きる価値があるのです。」 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おんなのこきらい [ 森川葵 ]
価格:3630円(税込、送料無料) (2017/3/29時点)

 女の子なら一度は思った事がある。かわいいから許される事、この世の中には、うんと溢れている。可愛い女に生まれたかった。森川葵演じるOLキリコは、女の価値は「可愛いことが全て」と信じて生きている。男にはちやほやされるが、女には嫌われてしまう。そんな子、周りに必ず一人は居る。私は可愛いを貫く、そしてあざとさ全開の女の子が大好物である。女のあざとい部分を、前面に押し出して生きてける子、醜いけど、それが許されるのだから、羨ましいと心底思う。自分のかわいさを自覚していて、したたかで、最高だ。
 
綺麗に巻かれたロングの髪と、男受けしそうな可愛いお洋服、男を引き寄せる仕草、そんなかわいい女を纏いながら生きるキリコ。キリコにとって、お菓子、ケーキやマカロンも、自分自身の「かわいい」を構成する対象だ。食べては吐くの過食嘔吐を繰り返す。勿論、食べ物だから太るが、吐いてしまえば同じ、そんな考えである。表面的な可愛いは作られないが、体の中にかわいいものを詰め込んで体の一部にする。
 
仕事で出逢ったコウタは、キリコのあざとさを見抜いて見向きもしない。そんな素っ気ない態度を取る。俺は他の男とは違う、と。木口健太のどことなく影のある、イケメンっぷりも凄い。キリコが想いを寄せているbarで働くユウトとは、友達以上恋人未満の関係。新入りで入ってきたバイトの女の子に簡単に寝取られてしまう。いくらキリコが可愛くたって、本当に手に入れたい物は手にする事が出来ない。男は本当にバカだ。
 
失恋してメンタルがボロボロになり、長い髪をザクザクと切り落とし、泣くキリコの元に、コウタが現れる。過呼吸に陥る彼女の背中を、そっとさすってあげたり、ただ黙って一緒に居てくれるコウタの優しさが染みるし辛すぎる。一番見られたくない、惨めな女の汚い姿を表現していた。失恋した女ってあんなもんだ。キリコにとって長い髪は、可愛い、の象徴だったに違いない。ショートカットになった彼女に「可愛い」と言ってしまうコウタは、本当にズルい男だ。これは好きになってしまう。ドン底にいる時に差し伸べられる優しさは、強いし凶器ともなる。
 
鍋の材料を買ってコウタの家に行くと、コウタの彼女と鉢合わせ。しかも自分とは真逆の、落ち着いていて優しそうな彼女だったからこそ、余計に傷ついたのだと思う。耐えきれずに家を出たキリコに、コウタの彼女は「追いかけなくていいの?」と。これは女であるからこそ出た言葉だと。女の面倒くささが、女である彼女には痛いほど分かるから。私の好きなシーンのひとつ。
 
彼女がいるくせに、ドン底にいたキリコに「かわいい」と言った。可愛いが全ての彼女にとって、嘘でも言ってはいけない言葉だ。キリコに向けられた「かわいい」は、コウタにとって愛だ。家族に対して向けるような愛、人間愛。好きな人から言われる「可愛い」と、別の不特定多数から向けられる「可愛い」は、全然価値が違う。可愛いの意味も異なる。
 
失恋を繰り返して生まれ変わってゆく。そんなキリコは、客観的に見て、やっぱり「可愛い」のだ。愛しくなった。最後、自転車に乗って爽やかに走り出すシーンが表している。凛々しくて素敵だ。ロングの彼女も、ショートカットの彼女も、可愛いの形を変えて進むだけ。彼女が信じていた可愛いは一体なんだったのだろう。
 
結局男は、ブスと可愛い子がいたら可愛い子を選ぶし、それを分かっているからこそ、世の中の女の子は、一番の「かわいい」を求めて努力する。好きな人に見てもらいたい、好きって言って欲しいだけなのだ。その人にとって、一番の存在にはなれないもどかしさ。おんなのこは面倒くさくて嫌い。そんなの、女に生まれた自分自身が一番分かっているから。男にこの気持ちが分かることなんて一生無い。
 
森川葵の、守ってあげたくなるような華奢さと、可愛さが、よりこの映画の説得力を増す。ハッピーエンドに終わるそこらの恋愛映画とは、違う。見事に裏切ってくれて潔い。それでも、やっぱり「可愛い」には価値がある。